事務所紹介 | エンタテインメント、IT、著作権ビジネスの総合アドバイザリーオフィス

サイトマップ プライバシーポリシー ツイッター フェイスブック

事務所情報

事務所名 E&R総合法律会計事務所
所在地 〒150-0021 東京都渋谷区恵比寿西2-8-5 エビスS&Sウエスト7階
電話番号 03-6416-3514
FAX 03-6416-3515
代表 四宮 隆史 (しのみや たかし)

事務所員紹介

代表/弁護士 四宮隆史

慶応義塾大学経済学部卒。
株式会社NHKエンタープライズにて放送番組のディレクターとして勤務した後、弁護士に(第二東京弁護士会)。
?TMI総合法律事務所(港区六本木)にて、映画、音楽、放送、出版、広告等のエンタテインメント業界におけるリーガルプラクティス全般に従事した後、2007年1月、四宮法律事務所を設立。2010年3月、より総合的なサポートを実現するべく「E&R総合法律会計事務所」に組織変更。

?? 映画専門大学客員教授「映画製作のための法律:契約と交渉」(‘07.1〜3)、J-pitch 公開セミナー「国際共同制作に必要な基本的な契約」(‘07.5)、デジタルコンテンツ協会「アニメ/CG業界・高度人材育成セミナー」(‘08.9)、株式会社セミナーインフォ「コンテンツの流通・配信ビジネスと法実務」(‘11.1)、金融財務研究会「従業員の不適切な情報発信に対処する労務管理」(‘12.2)、公益社団法人著作権情報センター月例研究会「エンタテインメントライセンス契約の要諦」(‘12.6)、経済産業省/UNIJAPAN「国際コンテンツビジネスにおける契約交渉ワークショップ」(‘14.2)、デジタルハリウッド大学大学院 客員教授(’15〜)など、エンタテイメント、コンテンツ、IT関連のセミナー講師を継続的に担当。?
主な著書等は、「コンテンツビジネスにおける権利処理〜映画ビジネスを素材に」(「ビジネス法務」)、「著作権の法律相談(第二版)」(青林書院。共著)、「小説で読む知的財産法〜最新知財ビジネスの法実務」(法学書院)、「プロデューサーカリキュラム/プロジェクトスキーム、回収計画、企画開発契約」(経産省/UNIJAPAN)など。

弁護士 秋山 光

日本大学法科大学院修了。専門領域は、IT、音楽・映像・ゲーム系コンテンツ関連の法分野。複数のIT、コンテンツ企業の顧問を担当し、知財戦略、人事・労務、訴訟等の企業法務全般を扱う。2018年〜デジタルハリウッド大学大学院講師。

【提携】弁理士 小林善美(岩木特許事務所) 中山純一(IPクリエート)

【提携】税理士 庫川幸久

慶應義塾大学経済学部卒。
中央青山PwCコンサルティング?、税理士法人みらいコンサルティングにおいて税務・会計業務に従事。中小・中堅企業から上場企業まで幅広いクライアントを持ち、組織再編業務や上場支援業務にも携わる。
その後、エー・アンド・パートナーズ税理士法人の設立に参加、東京事務所代表を務める。同事務所では通常の税務・会計顧問のほか、税理士事務所としてはめずらしい「セカンド・オピニオン」も行っており、全国各地の企業経営者に対し税務・会計のアドバイスを行う。
2011年に「くらかわ税理士事務所」を設立。「中小企業経営者の総合的なパートナー」となるべく、ネットワークを活かして税務・会計業務にとどまらないワンストップ・サービスを行う。
主な執筆に、「建設業しんこう」「The Daily NNA」などがある。
経済産業省後援事業「ドリームゲートアドバイザーサービス」認定専門家(2011年〜)

事務所へのアクセス